ダイエットを決意したというわけです

俺がこれまでの暮しのうちで最高峰太っていたシーズンは30年代あたりの位だ。身長174センチに対してウエイトはせめて77隔たりはあったと思います。独りでに食っちゃ寝毎日が病みつき化していたので、自分の太り具合に気付かない通り自堕落な思考を続けていました。

そんな俺がとある実態をきっかけにダイエットに臨み、約15ウィークで14隔たりというダイエットに成功したのです。
その契機となった実態は、中学校時代に密かに恋心を抱いていた女の子といった再会した事です。卒業後十数年ぶりに会った旦那の第一声が「太った?」だったのにはヘコみました。まあ自堕落な毎日の果ての結果なので自業自得と言えばそれまでですが。

ともあれ、古く気持ちを抱いていたヒューマンにキツいワンポイントを浴びせられた事が、俺において生涯を見直す岐路となったのです。
浴室の鏡に思える肥えに肥えた自分の体を見て、「このままじゃダディーとして不能になってしまう」という危機感を感じ取り、ダイエットを決意したというわけです。

俺の選んだダイエット技法はジョギングだ。割り方定番ですね。そもそも俺は採り入れる事が好きなので、痩身のみのダイエット技法は放棄すると思ったからです。
それに、ダイエットだけだと体は絶対にしまりません。かつては陸上部に入会し四六時中大きい稽古を通じていたので、その事は承知していました。

久方ぶりに走ってみると体が思うように動きません。1隔たり走るだけでもバテてしまいました。
「こんなことでは業者が思いやられるな」という不安感も感じましたが、でも足腰に苦痛を描けない程度の悠々なペースでジョギングは続けました。循環としては週間に4日ぐらいでしたね。xn--x1y7e225b.jp

その刺激となったのは、過日再会した化の女の子の位置づけだ。「いつか旦那に出会う時はスタイリッシュカタチで」という心境が自ずと俺の目標になっていました。片思いスキルって物でしょうね。

最初の一つは2隔たりから3隔たりだけでもしんどかったですが、駆けるリズムに体がじわじわ慣れてゆき、気付いたら本音寸法が6隔たり、7隔たりという伸びて、2カ月直後あたりには10隔たりをも走れるみたいなっていました。勿論そちらによってウエイトも順調に落ち、15ウィークの後には63隔たりまで減ったのです。

ダイエットは絶妙成功しました。体も良い感じに絞れています。
ただ肝心の旦那との再会は依然として果たせていませんがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です