カテキンというポリフェノールがあります

2016y12m12d_123128490
ウーロン茶をますます飲んでいました。ウーロン茶は中性脂肪を下げると聞いていたからだ。体質系に中性脂肪データがのぼり易い自身は、ウーロン茶を飲み込むことにしたのです。パフォーマンス、血診断で200程度あった中性脂肪データは、呆気なくスムーズデータに戻りました。中性脂肪は劇的に引き下げることができるウーロン茶ですが、シェイプアップ効果があるといわれます。

自身は中性脂肪ってコレステロールを引き下げるために常飲していたのですが、エクササイズなども比較的せずにいたのにウェイトが40キロを割ってしまい、その後は太れずに困りました。だからといって、ウーロン茶を飲まないという中性脂肪が体質系に分離しにくい体質なようなので、ウーロン茶を削ることもできません。そこで、甘いのを一所懸命食べたのですが、でも太れず挙句の果ては脂肪キモにまでなってしまいました。その後、甘いものを制約した結果、元に戻りましたが…。

それで調べた面、ウーロン茶は体内に取り入れた献立の脂肪分を吸収して、体外へってもたらすという左右があり、こんな効力により、ウーロン茶は「カロリーゼロ」どころではなく「カロリー減算」の効果があるというのです。なので、自身はやせすぎてしまったようです。また、ウーロン茶にはウーロン茶ポリフェノールが含まれていて、これは活性酸素を阻害し細胞を活性化させる作用があるそうですから、ありとあらゆる細胞を若返えさせるので美肌効果も期待できるというのです。

ウーロン茶と緑茶はおんなじ茶葉ですそうで、ウーロン茶は茶葉を発酵させ途中で休止し半発酵させたお茶ですそうです。

こういう発酵効力により、緑茶にはないウーロン茶ポリフェノールが生まれたと言われます。緑茶にもカテキンというポリフェノールがありますし、シェイプアップ効力もあるっていわれます。ただ違う点は、発酵させた茶葉ですウーロン茶には身体をあたためる効果があるというのです。冷え易い中高年や女性にはウーロン茶はぴったりの水もののように思います。

ただファクターとして、空腹時にウーロン茶を呑みすぎないほうがよさそうだ。ウーロン茶は腹部にストレスがきつく、腹部が荒れたりすることもあるっていわれますので、呑み過ぎないようにしたほうがよさそうだ。すっぽん小町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です